LIFE IS EASY

旅好きな30代女子のブログ。

行き方! 【スペイン巡礼】 Camino de Santiago

f:id:lifeiseasyjp:20170720174017j:image

スタート地点 San Jean Pied de Portまでの行き方です。

 

わたしはマドリッド経由で行きました。

フランス経由の方が楽だとは聞いていましたが、スペイン経由はなんといっても、航空券が安い!

 

カタール航空の往復航空券は、6万円という破格の値段でした。
(羽田→ドーハ→マドリッドで18時間という少々身体にこたえる長旅ですが…)

 

帰国まで余裕を持って、42日間を取りました。
なんせ体力に自信がないので、もしどこかで2,3日体を休めるためにステイしたときのこたを考えて長めに。


さて、問題なのはマドリッドからSt.Jeanまでに行くのに多少めんどくさいということです。

わたしがマドリッドに着いたのは、昼の13時半くらい。そこから街中のバスターミナルまで移動して、パンプローナ行きのバスに乗ったのが16時半。空港内もメトロも、かなーり走りました。

マドリッドの空港内はモノレールで移動する建物の作りなので、移動に時間がかかります。そして長いながーいイミグレーションの列。タイミングにもよりますが、わたしの場合は入国に3,40分はかかりました。バスターミナルへ移動するためのメトロは空港の地下から出ているので、問題はありません。

 

マドリッド空港→Avenida de America (15分/4.5€)


バスターミナルからはALSA社のバスを使い、パンプローナへ向かいます。

 

ALSA
https://m.alsa.es

 

ALSA社のHPで簡単に時刻と値段が確認できます。わたしは現地でチケットを買いましたが、発車ギリギリだったので売り切れ直前でした。結構混んでいます。バスのチケット売り場は、地上でなく、地下にあります。

 

Madrid → Pumplona (5時間 / 22€)

 

乗り換えありで、5時間かかりました。
パンプローナについたのが、22時くらい。その日は、事前に予約しておいたバスターミナルの近くのホステルに泊まりました。
日の入りが遅いヨーロッパですが、22時だとさすがに暗く、ホステルを探すのに苦労しました。

 

わたしが泊まったアロハホステルは、キレイで、共有スペースも広々。スタッフも親切で、20€で朝食付きがうれしかったです。

 

f:id:lifeiseasyjp:20170720173556j:image

Aloha Hostel
https://www.booking.com/hotel/es/aloha-hostel.ja.html


翌日は朝10時のALSA社のバスで、St.Jeanへ向かいました。

 

f:id:lifeiseasyjp:20170720173522j:image

 

Pumplona → St.Jean (1.5時間 / 20€)

 

3日後にパンプローナに戻ってくる予定ですが、ちゃんとスタート地点から出発しようと決めていたので躊躇はありませんでした。笑

 

St.Jeanにつくと、まずは観光案内所でカミーノのオフィスの場所を聞いていきました。ボランティアのおばさま、おじさまの説明を受け、クレデンシャル(巡礼手帳)に一つ目のスタンプをもらいました。わたしの第一歩。

寄付をしてホタテ貝も一ついただき、ザックにつけました。これで準備万端!

 

f:id:lifeiseasyjp:20170720172154j:image 

(巡礼事務所)

 

翌日は初日の最難関、ピレネー越えが待っています。
カミーノオフィス近くのアルベルゲに一泊して、翌日に備えました。

 

f:id:lifeiseasyjp:20170720172120j:image

(はじめてのアルベルゲ)