スペイン巡礼 フランス人の道 2017

【女性ひとり旅】32日間かけてスペイン巡礼フランス人の道を歩き、マドリッドで「暮らすように旅をする。」を実践。質問あれば、お気軽にどうぞ!

費用!【スペイン巡礼】カミーノ・デ・サンティアゴ

f:id:lifeiseasyjp:20180401013430j:plain

カミーノ・デ・サンティアゴ 

番外編です 。

 

ブログにコメントや質問の多かった、費用について書きます。

費用については、様々なサイトやブログで事前にリサーチしました。一体いくら用意したらいいのか。

 

すると、大体どのサイトにも15~30万円くらい(宿や食事の贅沢具合で変わる)、と書かれていました。ふむ。贅沢度合いで旅費が倍になるのか、とますますいくら用意していいのかわからなくなりました。(笑)

 

結局、用意したのは20万円。

そして、約一ヶ月間歩いて使ったのは、約17万円でした。

 

 

内訳はこちらです↓

 

 

飛行機代(往復)・・・6万円

現地での移動費・・・2万円

宿代(36日分)・・・3.6万円

食費(36日分)・・・4.5万円

観光・・・0.5万円

その他・・・0.5万円

==============

計:17.1万円

 

東京で暮らすよりも安価という結果に!

 

 

 

詳しく解説していきます。

 

【飛行機代】

 たまたま(?)フライトが安価だったスペインのマドリッド経由で行きました。フランスからサンジャンピエドポーに行くルートもありますが、フランス国内の電車での移動費が高いと聞いていたのでスペイン経由にしました。サンジャンまでのバス移動は長旅でしたが、とても安くすみましたし、特にスリや危険な目には会いませんでした。

 

【宿代】

 公営のアルベルゲを中心に選んで宿泊していました。5~8ユーロくらいのところか、あとは寄付のところも多く泊まっていました。10ユーロ以上かかった宿は殆ど泊まっていませんので、こちらも費用は抑えられています。

 

【食費】

 これもいくつか理由があってこれくらいの費用に抑えられています。

 まず、わたし自身がかなり少食な方で、フルーツやビスケットなどのお菓子を一食分として食べていたことがひとつ。

 次にスーパーがあるときはパンとハムと葉物野菜を買って、簡単ボカディージョ(サンドイッチ)が定番でした。他にも大きな街のスーパーでは、日本のように1食分のサラダやお肉のお惣菜などがあるので助かりました。

 そしてもう一つ大きな理由が、キッチンで団体グループのそばにいるとかならず何かもらえたこと!(笑)特におこぼれが欲しくて側にいたわけではなかったけど、たまたまテーブルで休んでいると団体が大鍋で何か料理を作りはじめ、そのうちに「おまえは日本人か?一緒に食べるか?」と言われ、巻き込まれるパターンが多かった。なので、ペリグリノメニューは2、3回しか食べていません。

わたしが最も楽しみにしていた毎朝のカフェコンレチェ(入れ立てのカフェラテ)と歩き終わったあとのビールは欠かしませんでした!それだけで満足!

 

【観光】

歩くこと自体が目的だったので、観光といえることは 大きな街でカテドラルに入るくらいでした。巡礼者割引もあったので、利用していました。巡礼者の格好をしていると、自動的に値引きしてもらえてましたね。

 

 

美しい景色を見ながら歩き、人生について考え、ご褒美ビールが1ユーロで飲める!カミーノはわたしが今まで経験した中でも最もシンプルで贅沢な旅の経験でした。お金に換算してこれ以上の価値はつけられません。

 

 

lifeiseasy.hatenadiary.com

 

 

lifeiseasy.hatenadiary.com

 

 

lifeiseasy.hatenadiary.com

 

 

lifeiseasy.hatenadiary.com